2017年10月26日木曜日

生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度 この記事は読みましたか?

生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度


この記事を読みましたか?

イギリスの生理用品メーカーが、TVコマーシャルで経血の色を赤色で表現しました。

と、いっても、元々赤色でしょ?と、思われるかもしれませんが(笑)

今まで、多分各国で、いえ、少なくとも日本では、生理用品のCMに使われている「経血」をイメージさせる液体は青色でした。

これは、生理自体が不浄のものと考えられてきたからだと思います。

記事の中から一部、抜粋してみましょう。

【イギリスの生理用品メーカー「ボディーフォーム」は、生理用ナプキンのCMで初めて赤色の液体を使用して話題になっている。20秒間の動画の説明はこうある。「当たり前だが、生理中の女性の血は青くない」。そしてナプキンに赤い液体を垂らす。コンビニで男性がさりげなくナプキンを購入したり、女性がコスプレパーティーでナプキンの形をしたドレスを着るシーンのほか、シャワーを浴びる女性の太ももをうっすらと血がつたう超リアルな場面もある。CMはこう結ぶ。「生理は当たり前」「生理を見せることも当たり前になるべきだ】

全くその通りだと思います。

さすがに、あのCMを見ていた男性が、「生理は青色なんだ」と信じているとは思いませんが(多分・・;)
何故わざわざ青色に変えたのか、知りたいところですね。

生理は汚いものでもなければ、隠さなければいけないものではありません。

生理は女性そのものと言ってもいいでしょう。

子宮はまるで宇宙のように崇高なもの。

女性一人一人に子宮があり、そこから私たちの未来が生まれてくるのです。

生理を否定している人がいたとしても、その人も、その人のお母様に生理があったから生まれてくることができているんです。

生理そのものをそのまま受け止め、世界中の生理のある人たちが恥ずかしいなんて思わない社会になってほしいと思います。

是非、記事を読んでみてくださいね。

感想など頂けると嬉しいです♪